青
青三好環境青
青
| BACK | HOME | NEXT |青
青
青 ラウンド(左上)
青












青 ラウンド(左下)
推奨ブラウザ
スペーサー

三好環境鰍ヘ土壌汚染の調査・分析および対策までを行う

トータルコーディネート企業です。





(明らかに可能性が、ない場合は調査終了)




(明らかに可能性が、ない場合は調査終了)







土地利用履歴調査
 ヒアリング、現地踏査、資料等調査より、対象となる土地における利用履歴、有害物質の使用状況等を調査し、土壌汚染の可能性を判断します。

・ヒアリング
・現地踏査
・資料等調査
 (住宅地図、航空写真、地形図、登記簿謄本等)



表層土壌調査
 第二種・第三種特定有害物質を対象に、表土試料を採取し分析を行います。
     
土壌ガス調査
 土壌ガスを採取し、第一種特定有害物質による土壌汚染の可能性を評価します。




詳細調査(ボーリング調査)
 表層土壌調査及び土壌ガス調査において、有害物質が検出された場合に実施します。

・汚染範囲の確定      


汚染拡散防止・浄化工事

・処理対策立案
・周辺環境へ配慮した適切な施工方法の立案
・低コスト浄化処理の請負




モニタリング

・浄化効果の確認
・定期調査の確認
・周辺環境への影響の監視

土壌汚染調査実施の契機

土壌汚染対策法
 平成22年4月に土壌汚染対策法が改正され、3000u以上の土地形質変更時においても土壌汚染調査を行うことが必要となりました。

・有害物質使用特定施設を廃止するとき(第3条)       
・3000u以上の土地形質変更時に、土壌汚染のおそれがあると判断される場合(第4条)
・土壌汚染及び地下水汚染による健康被害のおそれがあると都道府県知事が認めた場合(第5条)


地方公共団体条例
 地方公共団体による土壌汚染に関する条例は、都道府県または区や市などによっても異なります。
それらの一部を以下で紹介します。


・有害物質使用業者が事業を廃止または主要な部分を除却するとき(東京都条例第116条)
・3000u以上の土地の改変時(東京都条例第117条)
・有害物質取扱い事業者が事業所の廃止や建物を除却するとき(埼玉県条例第79条)  
・3000u以上の土地の改変時(埼玉県条例第80条)
・特定有害物質事業所またはダイオキシン類管理対象事業所を廃止する場合(神奈川県条例第59条)


自主調査
 法律及び条例に該当しないが、土地所有者等が自主的に調査を実施する。

青 ラウンドコーナー左下
青
青 | TOP | 会社概要 | 水処理設備 | 各種薬品 | 汚染土壌 | セメントリサイクル |
青