ガラス事業

三好商会のガラス事業

 

ゼネコン各社からの厚い信頼

ガラス業界での厚い信頼と実績

三好商会は「セントラル硝子(株)の特約販売店」として、ゼネコン各社から厚い信頼を頂いております。また、弊社には「長年の経験」と「実績」もあります。

例えば、「低~中層から高層~超高層」までのマンションや商業ビル、さらにインテリジェントビルなど、ありとあらゆるビルのガラス工事を手がけており、名実ともに業界トップを自負しています。

工事では、建物規模や構造により「最も安全・迅速な工法」を採用しており、必要に応じて「グレイージングマシン」「施工機」などを積極的に導入しています。

また、各種ガラスの選定・施工技術について、お客様のご相談にも懇切にお応えする体制を整えています。
 

 

施工例

硝子事業の施工例1
硝子事業の施工例2
硝子事業の施工例3
硝子事業の施工例4
硝子事業の施工例5

 

三好商会のガラス商品のご紹介

三好商会の取扱ガラス商品

ここからは、三好商会が取り扱っているガラス商品をご紹介させていただきます。

 

1.建築・住宅用ガラス

GlassLife

 

2.エコガラス

三好商会のエコガラスなら、下記の悩みを解決できます。

エコガラスで解決

 

三好商会のエコガラスは、すべてのガラスに対応。

すべてのガラスに対応

上記以外にも、「フィルム貼り」「鏡貼り」にもご対応可能です。

 

内窓設置も可能です。

ガラスの内部設置

 

ガラス交換も可能です。

ガラス交換

 

ガラスの採寸について

ガラスの採寸について

 

弊社の取り扱いエコガラスの種類

エコガラス

 

ガラス工事~お引渡しまでの流れ

1.まずはお電話
2.ガラスや窓の採寸
3.お見積り
4.ご契約
5.工場へ発注
6.施工

7.お引渡し

 

 

3.防犯ガラス

三好商会では、空き巣防止に大きく効果を発揮する「防犯ガラス」も取り扱っています。

 

空き巣の侵入手口の大半は「ガラス破り」

侵入盗の手口の統計グラフ

空き巣の侵入方法で一番多いのは「ガラス破り」。

窓ガラスを割ってから手を入れて鍵を開け、侵入するという手口です。

戸建住宅では61.9%と圧倒的に多く、マンションでも36%がこのパターンです。

戸建住宅の場合、一階からの侵入は89%にものぼります。

侵入口として最も狙われやすいのは「掃き出し窓」で、次いで「腰高窓」「高窓」となっています。

特に道路やお隣から見通しの悪い窓、植え込みなどで死角となっている窓は、空き巣にとって格好の標的となっているのです。

 

ガラス破りには2種類ある

ガラス破りの手口は2種類

ガラス破りの方法には「こじ破り」と「打ち破り」があります。

「こじ破り」は、ドライバーなどをサッシのガラス溝に差し込み、手が入る程度の穴を開ける方法です。

ほとんど音を出さずに破壊・解錠されてしまいます。

「打ち破り」は、破壊音を気にせず、ガラスにバールやハンマーなどを叩きつけて破るもので、住民や警備員が来る前に目的を達成しようとする、手荒く大胆な方法です。

 

防犯ガラスを導入すれば、大幅な空き巣防止に

侵入盗が侵入をあきらめる時間の統計グラフ

統計データによると、空き巣の69%が「5分以内に侵入できなければ犯行をあきらめる」といわれています。

「こじ破り」にせよ「打ち破り」にせよ、時間がかかればかかるほど、人に見られる可能性が高くなるためです。

したがって、たとえ窓ガラスが割れてしまったとしても、突き破るのに時間がかかるガラスを使用すれば、空き巣被害の大半は防ぐことができるといえます。

上記の説明のように、空き巣を防ぐためには「いかに窓を壊れにくくするか」が重要になってきます。

ぜひ、三好商会の防犯ガラスをご検討ください。

 

弊社の取り扱い安全ガラスの種類

防災安全ガラス

 

 

お電話でのお問合せはコチラ
硝子事業部
(企業様向け)
TEL 045-328-3450
※受付時間9:00~17:00(土日祝を除く)
ビルド&ケア事業部
(個人様向け)
TEL 043-307-1400
※受付時間9:00~17:00(土日祝を除く)